こちらは旧サイト 古い記事です

2019年以降最新記事は→こちら
アーカイブ | RSS |
●パソコン修理実例
●パソコン修理実例 : USB周辺機器が、使えたり使えなかったりと不安定になる
投稿者 : win@clue 投稿日時: 2008-08-28 22:33:49 (1410 ヒット)
今回は私事で、数年前に自分のパソコンを修理したネタです。

仕事でメインに使っている自作マシンが、4年目で調子が悪くなってきました。USBケーブルで接続しているプリンタが、ケーブルの抜き差しなどしていないのに繋がったり切断されたりするようになりました。

プリンタのドライバソフト書き換え、ケーブル交換など試しても改善されず・・・ケースを開けて中を点検してみると。




これ、マザーボードにいっぱいついているコンデンサという部品なのですが、頭の部分が茶色くなっているの解ります?これは、熱でコンデンサ内の液体が沸騰し、コンデンサの頭を突き破って液漏れした状態なんだそうです。インターネット検索で調べました。問題なく使える場合もあるそうですが、私のパソコンの不調はどうやらこれが原因らしい・・・
マザーボードの同等品を発注し、取り替えてみたところころっと治りました。
こんな故障の仕方もあります・・・

印刷用ページ 

サイト内検索

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失